蘭渓録 - 彭丹

Add: upegoj91 - Date: 2020-12-15 22:50:00 - Views: 9791 - Clicks: 4510

彭丹「蘭渓録」禅文化研究所、年4月 isbn; 村井章介「国際社会としての中世禅林」『アジア理解講座4 日韓中の交流』山川出版社、年12月。 isbn。 関連項目. 原著 蘭渓道隆禅師 訳著 彭 丹 a5判・520頁 isbnこの現代語訳を読めば、770年前の鎌倉時代に渡来したばかりの、中国南宋禅の生々しい息吹を感じるに違いない (推薦文). Amazonで道隆禅師, 蘭渓, 丹, 彭の蘭渓録。アマゾンならポイント還元本が多数。道隆禅師, 蘭渓, 丹, 彭作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 3: ページ数: 14,505p: 大きさ: 22cm: ISBN:: ISBN. 年3月31日 蘭渓録 彭丹 禅文化研究所 単行本. 蘭渓道隆『蘭渓録』禅文化研究所,. 彭 丹(ほう たん、女性、.

| 彭丹の商品、最新情報が満載!. 13歳で出家し、無準師範・北礀居簡に学んだ後、松源崇嶽の法嗣である無明慧性の法を嗣ぐ。 1246年(寛元4年)33歳のとき、渡宋した泉涌寺の僧月翁智鏡との縁により、弟子とともに来日した。筑前円覚寺・京都泉涌寺の来迎院・鎌倉寿福寺などに寓居。宋風の本格的な臨済宗を広める。また執権北条時頼の帰依を受けて鎌倉に招かれ、退耕行勇の開いた常楽寺(神奈川県鎌倉市)の住持となった。 1253年(建長5年)、北条時頼によって鎌倉に建長寺が創建されると招かれて開山となる。建長寺は、純粋禅の道場としては栄西の開いた筑前国の聖福寺(福岡市博多区)に次いで古い。創建当初の建長寺は、中国語が飛びかう異国的な空間であった。当時の建長寺の住持はほとんどが中国人であり、無学祖元はじめ、おもだった渡来僧はまず建長寺に入って住持となるのが慣例となっていた。『沙石集』を著した無住は、『雑談集』のなかで、建長寺はまるで異国のようであるとの感想を記している注釈 1。 蒙古襲来(元寇)の際、元からの密偵の疑いをかけられ、甲州や奥州の松島、伊豆国に移された。その時修禅寺の改宗を行う。 のち京都建仁寺・寿福寺・鎌倉禅興寺などの住持となった。一時、讒言により甲斐国(現:山梨県)に配流され、東光寺などを再興したが、再び建長寺にもどり、1278年(弘安元年)同寺で没した。 蘭渓道隆の後継として、無学祖元が来日した。. 蘭渓録 序文 一 常楽寺語録(上堂・小参) 二 建長寺語録(上堂・小参) 三 建仁寺語録(上堂・小参) 四 普説 五 法語 六 偈頌 七 頌古 八 佛祖讃 九 小佛事 跋文 解題 舘 隆志 道の辺の花――蘭渓和尚と日本文化 彭丹 あとがき. 蘭渓 道隆禅師 、 彭 丹 | /3/31. 蘭渓録 - 彭丹のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. 蘭渓録: 彭丹: 禅文化研究所: /03 発売 ( A5・520ページ ) isbn:: 価格: 3,300円 ( 本体: 3,000円 ). 彭丹 | 年10月11日頃発売 | 中国生まれ、日本在住の比較文学研究者が「恋の歌」を入口に、和歌と漢詩の豊穣な世界を逍遥し、その違いを考え、古代の日本と中国に生きた人々の心に迫る。 1 翻訳3 脚注経歴中華人民共和国四川省生まれ。四川大学で日本文学を学び、中国で航空会社に勤めたあと日本留学。.

60ポイント(2%) 本日、11/7 まで. この度、彭丹氏の流麗な訳によって、全体を読めるようになったことは、まことに喜ばしい。法語に示された蘭渓の細やかな心遣いや人間性までもが、その訳文を通して生き生きと伝わってくるようだ。 末木文美士 友達にメールですすめる. 蘭渓録 蘭渓道隆禅師著・彭丹訳 禅文化研究所 3000円 鎌倉時代に中国から渡来僧として南宋禅を日本にもたらし、後代の禅宗に大きな影響を与えた建長寺開山の蘭渓道隆。その事績や思想の手がかりとなる漢籍『蘭渓和尚語録』が現代語訳に。.

禅文化研究所 蘭渓録 /禅文化研究所/彭丹 販売価格: 3,300円~ 発売日: 年3月20日. 蘭渓は墨跡の書法の基礎をなした張即之の書をよく学び、その張即之の書風を日本に最初に移入した人物として日本書道史上、注目される。したがって蘭渓の書は常に張即之の書と比較される。 著に『大覚禅師語録』がある。 墨跡として、法語・規則(ほうご・きそく)が建長寺に所蔵されている。国宝。指定名称は大覚禅師墨蹟(法語規則)。 『法語・規則』は、「見鞭影而後行」の文にはじまる『法語』と、「長老首座」にはじまる『規則』の対幅になっている。 『法語』は衆僧の怠慢を戒め、参禅弁道を教示したもので、『規則』は行規の厳格を要求し、違反者には罰を科すもの。いずれも『大覚拾遺録』に収められている。 書式文章ともに謹厳で、確固たる字形、太細の自在な変化、隅々まで行き渡る筆勢がある。書風は張即之の書の影響が顕著であるが、それに拘泥しない禅人の質実な態度が感じられる。。 寸法 1. 蘭渓録 原作: 蘭渓道隆禅師 訳者: 彭丹 登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け! 蘭渓録 序文 一 常楽寺語録(上堂・小参) 二 建長寺語録(上堂・小参) 三 建仁寺語録(上堂・小参) 四 普説 五 法語 六 偈頌 七 頌古 八 佛祖讃 九 小佛事 跋文 解題 舘 隆志 道の辺の花――蘭渓和尚と日本文化 彭 丹 あとがき.

この度、彭丹氏の流麗な訳によって、全体を読めるようになったことは、まことに喜ばしい。法語に示された蘭渓の細やかな心遣いや人間性までもが、その訳文を通して生き生きと伝わってくるようだ。 末木文美士. 蘭渓録 タイトル 蘭渓録 訳著 彭 丹 発行所 禅文化研究所 定価 本体3000円+税(〒520円) 判型頁数 a5判・ハードカバー・505頁 ジャンル 臨済宗 底本は五山版『蘭渓和尚語録』(蘭渓道隆禅師全集第一巻所収)。. 6月3日そうっか 私は鎌倉に「出仕」していたのか と今日あることがあって気づいた 清輔が膨大な知識の蓄積の袋草紙を成したこと 弟の方が取り立てられて二条天皇の側近になって清輔が外されていたこと それらが全部重なって見えてきました コロナで籠らなかったらこの膨大になりそうな華. 3; 小川隆『禅思想史講義』復丹大学出版社,. 四月二日、彭丹さんがご労作の『蘭渓録』を持ってきてくださいました。 禅文化研究所発行です。 蘭渓とは大覚禅師、蘭渓道隆禅師のことであります。 建長寺のご開山であります。.

蘭渓録/蘭渓道隆/彭 丹(哲学・思想・宗教・心理) - 建長寺の初代住職である中国の禅僧、蘭渓道隆の語録であり、南宋時代の明州で刊行された「蘭渓和尚語録」を現代語訳。. 彭丹 彭丹の概要 ナビゲーションに移動検索に移動目次1 経歴2 著書2. 本書は、南宋時代の明州(今の浙江寧波)で刊行された『蘭渓和尚語録』(原文漢文)の現代日本語版である。 蘭渓録 / 蘭渓 道隆禅師【原著】/彭 丹【訳】 - 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 彭丹氏による建長寺開山蘭渓道隆の現代語訳『蘭渓録』(定価 本体3,000円(税別))を令和2年3月31日から発売開始いたします。ご注文をお待ちしております。 詳しくはこちらをご覧下さい。⇒『蘭渓録』. *蘭渓道隆禅師()、1246年に来日した中国僧、鎌倉建長寺開山。 *蘭渓法語は彭丹訳『蘭渓録』(禅文化研究所、)に依った。 共有:.

蘭渓録 タイトルヨミ: ランケイロク 責任表示: 蘭渓道隆‖原著 彭/丹‖訳著: 責任表示ヨミ: ランケイ ドウリュウ ホウ,タン: 出版地: 京都: 出版者: 禅文化研究所: 出版年月:. 彭丹とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。. 蘭渓道隆の頂相は、当時の史料から多数制作されたことが確認できる。代表的な肖像画は当項目冒頭の「蘭渓道隆像」(絹本著色、建長寺蔵、国宝)で、上段に記された蘭渓道隆の自賛により、文永8年(1271年)朗然居士(北条時宗の居士名か?)のために描かれたと分かる注釈 2。像の黒目の周りを金泥で縁取っており、これは他の頂相・肖像画には見られない手法である。建長寺には他に、「蘭渓道隆経行図」(重文注釈 3)や、蘭渓道隆の孫弟子にあたる太虚元寿(約翁徳倹の弟子)が1329年に霊石如芝より賛を書いてもらった「蘭渓道隆像」(重文、絹本著色)がある。 肖像彫刻としては建長寺西来庵開山堂所在の「蘭渓道隆坐像」(木像漆塗玉眼、13世紀、重文)が代表作で、示寂の前後に制作されたと推定される。瞳は玉眼ではなく、瞳だけを水晶として上から貼り付け、瞳の中心の黒の周囲に放射線上に金泥線を引いており、これも他に例がない。自賛像とも共通するこうした目への拘りは、雲水たちを厳しく見つける蘭渓道隆の眼光表現だと考えられる。建仁寺西来院にある「蘭渓道隆坐像」は延宝4年(1676年)仏師・康乗作だが、像の中には古い頭部像が入っており、こちらは写実的な面貌表現から蘭渓示寂前後の作だと見なせる。 現存する蘭渓道隆の肖像画としては、西来院「大覚禅師像」、福岡県・勝福寺「大覚禅師像」(重文)、滋賀県・永源寺の「蘭渓道隆像」(南北朝時代か、蘭渓・約翁・寂室の3幅対)、宮城県・瑞巌寺(蘭渓・性西法身・明極聰愚の3幅対、宮城県指定文化財)、静岡県・修禅寺などがある。彫刻は、鎌倉・常楽寺の「蘭渓道隆像」、長野県・西岸寺の「大覚禅師椅像」(鎌倉後期から南北朝時代か)などがある。. 蘭渓録 蘭渓録 - 彭丹 - 蘭渓道隆/原著 彭丹/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 蘭渓録 - 彭丹 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー. 彭丹 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 日本と中国の比較文化・比較文学研究者。四川省(重慶)生まれ。四川大学で日本文学を. 蘭渓和尚語録(蘭渓道隆禅師全集一) 建長寺: 平26: 16,500円: 7629: 蘭溪録: 蘭溪道隆禅師 彭丹訳著: 令2: 3,300円: 7630: 開山勅諡円応禅師 寂室和尚御伝記: 永源寺: 昭3: 9,350円: 7631: 訓註永源寂室和尚語録 3冊揃: 禅文化研究所: 平28: 22,000円: 7632: 訓註古月禅師四会.

発刊に寄せて 長尾宏道 まえがき 高井正俊 凡例 蘭渓録 序文 一 常楽寺語録(上堂・小参) 二 建長寺語録(上堂・小参) 三 建仁寺語録(上堂・小参) 四 普説 五 法語 六 偈頌 七 頌古 八 佛祖讃 九 小佛事 跋文 解題 舘 隆志 道の辺の花――蘭渓和尚と日本文化 彭丹 あとがき. See full list on wpedia. 5cm(『法語』) 2.

蘭渓録 - 彭丹

email: oqufecuh@gmail.com - phone:(167) 822-1466 x 8164

女子栄養大学のダイエットダイアリー - 女子栄養大学栄養クリニック・『栄養と... - 混迷する世界を読み解く補助線 いまこそ

-> タイニー×マシンガン - 鈴木イゾ
-> 論集 モンスーンアジアの生態史 生業の生態史 - 秋道智彌

蘭渓録 - 彭丹 - 竹内外史


Sitemap 1

「がん」と生活習慣病に「勝つ人」、「負ける人」 - 高原喜八郎 - 解決志向アプローチ再入門 ピショー